【テクニカル分析:2021/6/9】9202:ANAホールディングス

スポンサーリンク

どーも、けんたろです。

今日は会社帰りにスタバ寄りました。やっぱりスタバはいいですね。300円ちょっと払うだけであの時間を買うことができるなら全然コスパオッケーです。ペットボトルを毎日買っている人は、水を持参するのに切り替えて、2日間貯めたペットボトル代でスタバのコーヒーを1杯買って、自己啓発の時間にしてはどうでしょうか?

さて、今回は9202:ANAホールディングスです。
日本国民の皆さんなら知らない方はいらっしゃらないですよね?全日空ですよ!JALじゃない方です。どーでもいい話ですけど、ANA:全日本空輸、JAL:日本航空、和名が似てて分かりにくいですよね。

ANAの業績推移です。2020年までは少しずつですが右肩上がりに推移していたんですね。それだけに2021年3月期の落ち込みがすごいです。しかし、ワクチンが開発され、日本でも接種が進んできたこともあり、徐々に株価が復調の兆しを見せています。これはチャンスかもしれません。

※strainerより

ANAは就活生にも人気だったと記憶しています。あまり詳しくはないですが福利厚生とかも良いのでしょうか。

しかし、コロナで海外旅行ができなくなり、国内でも緊急事態宣言やテレワークの導入などによりとにかく旅客機の需要が激減しました。後述しますが、自己資本比率の低下により発行可能株数を倍増させると発表しています。会社を倒産させるわけにはいかないので、やむを得ないのでしょうね。

さて、チャートを見ていきましょう。まずは月足チャートです。


2007年頃からリーマンショックも経て、右肩下がりで急落しています。2012年に底を打った後は黄色のチャネルラインで上下に振れながら上昇しています。

しかし、コロナショックで急落してしばらくはレンジ相場。その後、ここ最近は急騰してきています。青線は2020年以降のチャートから引いたレジスタンスラインです。たまたまですが、2007年、2016年のトップと近いところを通りました。結構強いレジスタンスラインかもしれませんね。

次に日足チャートで見ていきましょう。

コロナ急落後は何度か上げ下げを繰り返して赤色の上昇トレンドラインが引けます。また、上値は青色の下降トレンドラインで抑えられてきました。

しかしここにきて急激に上昇が始まり、ついに青色のレジスタンスラインを上に突破しました。出来高もそこそこあるので、今後、この勢いは続いていくのではないかと思っています。2020年6月8日に記録した2936円を突破することができれば、あとはしばらく障害になりそうな点はないので、まあしいて言えば3000円ぐらいのところも微妙に抵抗線を引けますが、おそらくこのまま上がっていくのではないかと思います。

薄い青色の枠で囲っていますが、コロナ前の株価まで回復するにはあと20%も上昇余地があります。このANAもやはりコロナショックの回復が出遅れている銘柄だと思いますし、これから長期的には上昇していくと思います。ちなみに廃止されるか分かりませんが、ANAの株主優待は航空券が50%OFFになったような気がします。優待券にはあまり詳しくないので自分で調べてみてください。昔遠距離恋愛していた頃にANAの株を買って優待券をもらっていたのを思い出しました。。どうでもいいですね笑

さて、気になるポイントは以下です。
①自己資本比率は30%台と危険な領域ではないが、発行可能株数を倍増させている
これは株価にはマイナス要素です。市場に出回る株の数が増えるので、1株の価値が下がるんですよね。単純に2倍にするということは価値も半分になってしまうはずですが、市場はあまり気にしていないようですね。というのもこの発表があってからも全然下げなかったんです。買い圧力が強いですね。

②航空需要が今後どの程度まで回復するのかは正直分からない

ワクチン接種が進んでいるとはいえ、まだまだ発展途上国をはじめとしてワクチン接種が遅れている国も多く、またテレワークが進んだことからビジネス需要が減る懸念もあります。そういう意味では航空需要がコロナ以前まで回復するかは分かりませんし、時間はかかるかもしれません。

ただ、個人的には、このコロナショックで財務体制の見直しや社内での改革など、さまざまなコストダウンや体質強化が進められると思うんですよね。なので、今後はかなり経営効率も上がってくるのではと思います、営業利益率も以前よりも改善するんじゃないかな。

③変異株の発生によりワクチンが効かなくなるリスク

いやこんなリスク考えたくもないですけど、ゼロじゃないですよね?もし現実になったらまた暴落すると思います。というか今度は耐えられるのか?という不安もあります。

④CAさん達は大丈夫かな

あの狭苦しいエコノミークラスの客席にささやかな幸せを運んでくれるCAさん達は大丈夫なのか、、心配です。。いや、株に関係ないですけど心配じゃないですか。CAさんがいない旅客機なんて乗りたくもない!また気軽に海外旅行に行きたいもんです。

ということで、懸念事項はあるものの、個人的には楽観視しています。もちろんJALが過去に上場廃止になったケースもあるので、リスクはゼロではないですが、今のワクチンは変異株にも効果があることはニュースなどで報じられているし、今後は日本国内でも旅行需要が爆発してきっと航空需要もとんでもないことになると思います。

だって、みんな、旅行めちゃくちゃ行きたいですよね!!
もう高い金払ってもいいからタヒチとかモルディブとか行きたい~!!ってなっていると思います。なので、今はあまり上述したようなトンでもないことが起きない限りは、下落リスクが存在しないと思うんですよね。少なくともコロナ前の株価水準までは上がっていくと思います。

言い忘れましたが、RSIは直近では少し過熱感が出てくる領域に来ていますので、短期投資の場合は注意してください。ただ、長期的に考えればここでの下落はおそらくほぼ押し目なので、あまり気にする必要もないかと思います。米国の雇用統計や各種指数の発表によりANAの株価が一時的に下がることはあるかもしれませんが、まあ日本国内の需要回復にはあまり関係ないと思います。

投資は自己責任でお願いします!ちなみに僕は今日、また100株買い増ししました!

ではまた!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました