FIREするためにはいくら必要?

スポンサーリンク

どーも、けんたろです。

FIREしたいです。仕事が嫌いとかそういう訳じゃないんですが、やっぱり朝から晩まで働いて、土日しか休みがないっていうのは、自由がないですよね。好きな時に好きに旅行したいし、何なら世界中を旅しながらネットビジネスで生活していくのもいいな。今はコロナだからできないけど。

そういえば、この前ふと思いました。FIREしたいから漠然とお金を増やさなきゃと思って投資をしていますが、具体的に資産が幾らまで貯まったらFIREできるんだろうと。皆さんは考えてたことありますか?僕は、なんとなくですが1億円ぐらいなのかなあと思っていました。

ちなみに、僕は妻と3歳と1歳の娘2人の4人家族です。結構、FIRE本とか記事も最近見かけますが、結婚していて子供2人以上の世帯でFIREしましたってあまり聞きませんね。やっぱり世帯の支出が増えるからなんでしょうね。

ということで、いくらぐらい貯まったらFIREできるのか考えてみたいと思います。

1.前提条件

まず前提条件です。完全に今の自分を想定して検証してみます。
1.2021年3月スタート
2.現金預金は常に200万円をキープ
3.確定拠出年金に毎月5万円を投資(利回り5%で運用)
4.投資信託には積立NISAに毎月66,666円投資(利回り5%で運用)
5.株式には毎月10万円追加投資(利回りは0~10%で検証)

さて結果はいかに。ちなみに税金までは計算してませんのであくまでもイメージをざっくりつかむ感じでお願いします。

現金・預金(青色)

これは前提条件2.に記載した通りずっと200万円を維持しています。グラフではあまりに小さすぎて一番下のところに青色の直線として描かれています。以上。はい次いきましょう。

確定拠出年金(黄緑色)

確定拠出年金です。毎月5万円ずつ追加投資して、利回り5%で運用します。もちろん途中で上げ下げはあるでしょうけど、おおよそそれぐらいのリターンは狙えるのではないかと。ちなみに外国株式インデックスに100%投資しています。2021年3月は97万円で、一切投資しないと2027年3月には457万円ですが利回り5%で運用すると551万円になります。94万円が運用益というところです。

ちなみに2027年はけんたろ40歳、2037年はけんたろ50歳、2047年はけんたろ60歳になります。まとめるとこんな感じです。

2027年3月(40歳)・・・投資なし: 457万円 →利回り5%で運用:551万円(+94万円)
2037年3月(50歳)・・・投資なし:1,057万円 →利回り5%で運用:1,688万円(+631万円)
2047年3月(60歳)・・・投資なし:1,667万円 →利回り5%で運用:3,560万円(+1,893万円)

60歳時点で投資をしていなかったら1,667万円なのが利回り5%で3,560万円というのはすごいですね。これが複利の効果か、、!!ちなみにこれは確定拠出年金なので、少なくとも60歳までは受け取ることができません。長生きしなきゃ。はい次いきましょう。

3.投資信託(積立NISA)(水色)

積立NISAです。僕と妻の口座で合計66,666円を毎月積み立てていく想定です。2021年3月時点は始めたばっかりなので約7万円からスタートになります。

2027年3月(40歳)・・・投資なし: 487万円 →利回り5%で運用:570万円(+83万円)
2037年3月(50歳)・・・投資なし:1,287万円 →利回り5%で運用:1,979万円(+692万円)
2047年3月(60歳)・・・投資なし:2,087万円 →利回り5%で運用:4,298万円(+2,211万円)

確定拠出年金と同じぐらいですね。こちらも60歳時点で元本のちょうど2倍まで増えています。確定拠出年金と投資信託を合計すると7,858万円です。

4.株式(白~赤色)

次に株式です。全く運用しない場合が白色の0%。運用時の利回りを少しずつ上げると、徐々に色が濃い赤色に近づいていきます。最大で10%で計算しています。利回りが0%から10%まであるので表にまとめました。

図.株式運用時の成果(利回り0~10%)※単位:万円

毎月10万円ずつ積み立てても、一切投資しないと4,948万円。3%で運用すれば8,713万円、5%なら1億の大台を突破して13,099万円、7%なら2億、10%なら約4億までいきます。複利の効果を実感しますね。。

5.FIREにはいくら必要?

さて、FIREにはいくら必要でしょうか。まず何歳でFIREするかによっても変わってきます。例えば今すぐにFIREする場合、僕と妻、娘2人を養っていくだけのキャッシュが必要です。生活費に加えて養育費も必要なので、早くFIREするとより多いキャッシュが必要になります。なので、当たり前ですが早くFIREするにはそれだけ資産も多く保有する必要があります。

今の僕の年収(給与収入)が約800万円ですが、ここまでなくてもやっていけると思います。貯金に回せるお金が少なくなりますが、家族4人が金銭的に我慢をすることなく普通の暮らしをするなら600万円ぐらいほしいです。

となると、その600万円分を運用益で毎年稼ぐ必要があります。FIREの種類にも寄りますが、とりあえずは完全に働かなくていい状態を目指したい。ちなみに約20%が分離課税で取られると考えると、

750万円×0.8=600万円

ということで750万円のキャッシュが必要です。また、5%での運用は結構リスキーなので、3%で安全に運用していきたい。となると、

25,000万円×0.3=750万円

、、、2億5千万円!?まじかー。。めっちゃ必要やん。。
10%で株式を運用した場合で2041年に2億5千万円に到達しますが、この時は54歳か。
7%で運用した場合は59歳ぐらい。それ5%以下での運用では60歳までに2億5千万円まで到達しません。今の運用プランでは、家族4人で生活している時に必要な金額(2億5千万円)まで資産を増やすのは難しそうです。もちろん、年金に加えてこれだけのキャッシュを得られるので、裕福な老後は過ごせそうですが、どうせなら年を取る前にFIREしたいな。

いやー結構厳しいですね。となると、娘2人が成人して就職した後、夫婦2人で生活できるようになってからFIREするか。夢がないけどな~(笑)

グラフに50歳時点で1億7600万円になっています。この場合

17,600万円×0.03=528万円

ここから税金が引かれて、

528万円×0.8=422万円

うーん、50歳で422万円か。全然生きていけるけど、もうちょっとほしいな。

6.結論

いやー、FIRE、ファイヤー言ってましたけど現実を見つめると結構厳しかったです。ていうか積立NISAとか確定拠出年金だけでは全然足りませんね。毎月10万円ずつ貯金するだけでもダメでした。

結論から言うと、毎月の投入金額が10万円だと運用利回りを10%にしても娘が成人するまでに完全にリタイアするのは難しそうでした。

ただ、書いてて気づきましたけどFIRE言ってたのに途中からリタイア目指してましたね。よく考えたらリタイアは一切働かないという意味合いなので、FIREよりもハードル高いですよね。なので、適当にというか、今よりも収入は下がりながらも何かの仕事で収入を得つつ、残りを資産からのキャッシュフローで補うという形でいけば、40代でのFIREは可能な気がします。

ただ、その場合でも運用利回りは7%以上はほしいところですね。となると、安全に行くならS&P500を買っとけということになりますが、8%、10%を目指すにはS&P500に勝たないといけませんね。ハードル高いな。

僕は最近、投資スタイルを変更しているところなので、S&P500などのインデックスを上回るパフォーマンスを目指しています。これを成功させることができればFIREも現実的になってくると思います。

ちょっと時間があまりなかったのでざっくりした検証になりましたが、また時間を見つけてより詳細なパターンや、入金額を変化させた場合など、細かくシミュレーションしてみようと思います。

ではまた!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました